日本画家 上田勝也 公式サイト|Japanese-style painter KATSUYA UEDA Official Site

上田勝也 略歴

1944年京都市に生まれる
1968年東京藝術大学卒業 髙山辰雄に師事
1969年第4回日春展に初入選 第1回日展に初入選
1970年東京藝術大学大学院修了
1971年日本画・彫刻二人展(東京銀座・みゆき画廊)
1977年日春展・日春賞受賞、奨励賞(‘78)、会員賞(’01)
1980年日展・特選受賞(’84再特選)
1981年文化庁現代美術選抜展(’85)
外務省委嘱により、在外大使館の為に制作(’92、’00)
1982年東京セントラル美術館日本画大賞展・佳作賞受賞
1987年個展(東京・資生堂ギャラリー、京都・高島屋)
1990年日展・審査員(94、’00、‘03、’06、’11、’13、’18)
1994年平安神宮100年祭奉賛日本画展
1995年P.H.P社月刊誌「ほんとうの時代」表紙絵担当(1年間)
個展・ミニアチュールの世界=夢空間=(大丸京都店・梅田店・博多店)
1996年日本小児循環器学会総会のポスター原画作成
1997年奈良県立万葉文化館開館展の為に万葉集より柿本人麻呂を選び「月の船」制作
奈良・橘寺往生院格天井画奉納
2000年九州産業大学大学院芸術研究科教授に就任
全関西美術展・審査員(’06、’08)
2001年日展評議員に就任 日春展運営委員に就任
2002年日春展・審査員(’05、’07、’09、’11、’13)
京都日本画家協会・副理事長に就任(~’06)
2003年太宰府天満宮・御神忌1100年大祭に日本画奉納
2004年文部科学省21世紀COEプログラム「柿右衛門様式陶芸研究」の事業推進者に就任
2005年京展・審査員 京都府文化財団展示室運営委員に就任(~’07)
2006年奈良県立万葉文化館にて回顧展「上田勝也日本画展」及び講演会開催
兵庫県展・審査員(’07)
京都日本画家協会・監事に就任(~’08)
2008年中国広州美術学院にて講演会
「日本美術の中の日本画-古代から現代迄の日本画の特色と変遷-」開催
2009年福岡市美術展・審査員(’10) 福岡県展審査員(’10)及び講演会開催
アジア美術家連盟日本委員会運営委員に就任
2012年こころの京都百選展(京都府主催)に「祇園祭」制作、京都府収蔵
2015年九州産業大学大学院芸術研究科教授、定年退職に伴い退任記念展開催(大学美術館)
名誉教授に就任・ アジア美術家連盟日本委員会副代表に就任
2016年師弟のきずな「髙山辰雄と上田勝也展」開催(成川美術館)
2018年第23回福岡市美術連盟展 記念講演会「人として画家としての人生」開催
2019年第23回松伯美術館「花鳥画展」審査員就任(’20)
第3回新日春展審査主任に就任
「京都花鳥館賞2019作品展」審査員就任
2020年歌会始め御題「望」によせて・特別展に選抜出品(伊勢神宮美術館)

審 査 員

日展(8回)・日春展(6回)・全関西美術展(3回)・京展(2回)・兵庫県展(2回)・福岡市美術展(2回)・福岡県展(2回)・松伯美術館「花鳥画展」(2回)・新日春展・京都花鳥館賞2019作品展

作品収蔵先

外務省本庁・在外国日本大使館・内閣総理大臣官邸陳列・京都国立近代美術館・京都府・京都市美術館・奈良県立万葉文化館・福岡市美術館・成川美術館・郷さくら美術館・蘭東閣美術館・山中湖高村美術館・西堀栄三郎記念探検の殿堂・九州産業大学・鈴鹿高等専門学校・京都平安神宮・別格奈良橘寺・太宰府天満宮・真宗大谷派願楽寺・(株)エーザイ・京都中央信用金庫